薬膳料理とアロマセラピー

毎月1回 

薬膳料理教室に通っています

私がサロンで行っているアロマセラピーと薬膳料理って
実はかなり深い結びつきがあるのです

私が通ったイギリスの自然療法の学校では
Traditional Chinese Medicine(伝統漢方医学)
を取り入れたアロマセラピーとリフレクソロジーを習いました

陰陽五行の考え方に基づいて、クライアントの症状を分析・診断し
エッセンシャルオイル(精油)がそれぞれ持つエネルギーを念頭におきながら
クライエントの症状に適した精油を選びブレンドし
トリートメントプランを立てることを学びました

実践では、
経絡&ツボを取り入れた
オリエンタルマッサージ法を習得

クライエントの症状に合わせて
どこの経絡やツボにポイントを置くかを検討して、
毎回体調に合わせたマッサージを行うことを習いました

授業では、薬膳料理についても勉強したのですが
全て英語での勉強であったこと、
イギリスの食生活に沿ったアドバイスであったため
いざ日本のクライエントさんに説明しようと試みても
日本語に上手に訳せないことがしばしば・・・

もう一度、日本語で勉強しなくちゃと常々思っておりました

そんな中、ネット検索で見つけた

自由が丘にある薬膳料理教室

毎日食べる食事がメニュー
身近な食材を使って
薬膳料理を作ることができるようになる!

というコンセプトが気に入り
迷わず入会を決めました

e0009547_2254349.jpg

e0009547_2364126.jpg


写真は先月の薬膳料理

テーマは
「秋の薬膳」

メニューは

春菊と柿の白和え
百合根饅頭
鮭のクレソンソース焼き
銀杏粥
白きくらげのデザート
の5品

中医学では
秋は特に肺が乾燥しやすい季節といいます

秋はお肌はもちろん
カラダの中まで
乾燥しやすいのです

肌がカサカサして痒かったり
のどが乾燥していがらっぽかったり
そんな症状がある方は
肺が乾燥しているのかも

そんな症状におすすめの
カラダを中から潤す食材の数々
について学びました

この日習ったデザートは
カラダ(特にお肌!)を潤す食材ナンバー1 ともいえる

白キクラゲをふんだんに使った
「美肌薬膳スイーツ」でした

サロンでは
トリートメントの後に、
おすすめのハーブティとプチ菓子を
召し上がっていただいているのですが

いずれは薬膳料理教室で習ったことを生かして
薬膳の考え方に基づいた
美しく健康&美肌になるための
「薬膳スイーツ」をお出し出来たらなあと
密かに計画しております!
[PR]
by ykoputa | 2008-11-04 23:16 | 美と健康に関すること

東京、永福町にて隠れ家アロマサロンを切り盛りする英国IFPA認定アロマセラピスト&美容皮膚科勤務の正看護師のつれづれです


by ykoputa
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る